CI

勉強会を初めて主催してみた感想と振り返り

一昨日、自分にとって初の主催勉強会となるfastlane勉強会を開催しました🎉🎉🎉

deliverを使うならAppManager権限で。

こちらの記事で紹介した設定で、deliverが上手く動かなかかったのでその調査メモ。

Apple TVアプリの開発(配布周り)

前回のポストでは 画面遷移の実装 Siri Remoteからの入力ハンドリング bitcode対応ライブラリ について調べるとか言ってましたが、CIおじさんとして気になったので。。。

CircleCI & iOS配布 ベストプラクティス(個人アカウント編)

前回のポストでは、iOS開発者法人アカウントの自動化について、シェアしましたが、 今回は個人アカウントの場合について。

CircleCI & iOS自動配布 ベストプラクティス(法人アカウント編)

前職、現職、そしてプライベートのプロジェクトをやるうちにiOSのテスト・ビルド・配布の自動化について知見が貯まってきたので、シェア。

まだshenzhenで消耗してるの?

iOS界隈では、ビルドコマンドの簡素化のためにshenzhenが長らく使われてきましたが、 徐々にgymに取って代わられるかもしれません。

PlistBuddyからplutilに乗り換え

iOSアプリ開発者にはお馴染みの.plist。 そして、それを編集するためのコマンド、PlistBuddy。

TestFlightからCrashlyticsへのお引っ越し(Jenkins編)

前回の記事では、TestFlightからCrashlyticsに乗り換えてアプリを配布する場合、どのような設定が必要で、どのような手順でアプリを配布すれば良いのか、ということを主に説明しました。 でも、僕ら、エンジニアですよね? 楽したいですよね?

Yosemite + CocoaPods + Jenkins -> TestFlight + Slack

みんな大好き自動化。 みんな大好きJenkinsおじさん。 CocoaPodsを利用していると、Xcode Botでのビルドが面倒だったので、 Jenkinsを利用して自動化を進めてみました。