Reveal.appめっちゃ良い!(try! Swift Core Animation復習)

try! Swiftの初日の Core Animationで作る高度なグラフィックス で紹介されていたReveal.appを使ってみました。 軽く触ってみただけですが、即購入するレベルでした。

Reveal.appって何?

iOS、tvOSアプリ向けのデバッギングツールです。
このMacアプリを使うと、Viewのレイヤー構造の確認や編集を高速に行うことができるようになります。 f:id:nerd0geek1:20160305152841p:plain

できること

Viewの確認

3D表示されたViewを回転させることができるため、レイヤー構造の確認を行うことができます。 また、左側には、実際に利用しているComponentがStoryboardのように表示されるため、 誤って表示領域外にviewを配置してしまった場合などにも、即座に間違いを見つけることができます。 f:id:nerd0geek1:20160305161105p:plain

View属性の編集

AutoLayoutの設定や、フォントサイズ、フォントなどあらゆる属性を変更できるため、 デザインの微調整を今までと比較にならないほど高速に行うことができます。 f:id:nerd0geek1:20160305161111p:plain

ダウンロード

ダウンロードはこちらから。
"Download"と"Buy Now"があり、Downloadを選択すると、 30日間トライアルで使うことができます。 価格は以下の通りです。

  • student($59)
  • Personal($89)
  • Commercial(Company or Organization)($179)

プロジェクトへの導入手順

  • Podfileに pod 'Reveal-iOS-SDK', :configurations => ['Debug']と追記
  • pod install
  • アプリを実機でビルド
  • ビルドしたアプリがアクティブな状態でRevealを開く
  • Inspect your appsを選択 f:id:nerd0geek1:20160305152800p:plain

これだけです!

注意点

使用時の注意点が少しあります。
以下の内容は、Reveal.appの Help > Integration Guide > Important Information から確認できます。

  • Revealの対象となるiOS、tvOSアプリがアクティブになっている必要があります。
  • Bonjourを使っているため、MaciOS端末が同一Wifi下にある必要があります。

まとめ

今まで
ビルド→確認→調整→ビルド→...としていた時間を節約できることを考えると、安いのではないでしょうか。

参考