油断しない、iOSアプリの64bit対応

昔々に開発されたiOSアプリの64bit対応で油断してしまい、対応がギリギリになってしまったので、後の自分のためにメモ。

初期対応

プロジェクトに含まれているいくつかの静的ライブラリ(.a)を、こちらの記事を参考に確認し、 32bitのものを64bitに置き換える対応を行いました。

アップロード失敗

iTunes Connectにアップロードする段階で「64bit対応していないライブラリが含まれる」旨のエラーメッセージが。。。
詳しく調べてみたところ、サードパーティのframeworkを見落としており、それが32bit版のままだったことが判明しました。

対応再び

こちらの記事を参考に、ipaファイルについても確認を行うようにし、

  • 対象のframeworkを更新する
  • ipaファイル全体について、64bit対応しているか確認する

という方法で問題を解決しました。

まとめ

今回の反省としては、
最初からipaファイル、バイナリの双方について64bit対応しているか確認する方法を調べ、

  • アーカイブを行い、ipaファイルについて64bit対応を確認する。
  • 怪しいバイナリファイルを検査していく
  • 新たにアーカイブを行い、再度コマンドにより確認を行う

...
といった方法でサイクルを回していくべきでした。。。

参考