読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年始の目標振り返り

年初にfacebookのポストで、 今年の抱負、目標をシェアしましたが、今年ももう3ヶ月が経過したので、振り返ってみようと思います。

年初にシェアした今年の目標は、以下の4つでした。

- アプリ2つを追加でリリース
- stackoverflow/qiita/blogでアウトプット
- githubでPR出す、star集める
- 新しいこと始める(AIかIoT、どっちか)

アプリ2つを追加でリリース

進捗:未達成(0/2)
詳細:
今年に入ってからリリースできているアプリはまだありません。。。
今リリース待ちの自社アプリが1つありますが、それ以外はまだまだ企画段階です。
6月までに、

  • tvOSアプリ1つ
  • VIPERを適用したアプリ1つ
  • Realmを使ったアプリ1つ

って感じで3つくらいはリリースしたいと考えています。

stackoverflow/qiita/blogでアウトプット

進捗:それなりに達成。
詳細: ブログは今年に入ってから3ヶ月で50ポストほどしていたので、去年までよりは達成できているとは思っています。 ただ、自分の中でtwitter/qiita/blogの位置づけが曖昧になっているので、今後は他の方々のように以下のように使い分けていこうかと考えてます。

  • twitter:新サービスなどのシェア
  • qiita:技術的な知識・技術、設計などでツッコミがほしい内容
  • blog:今回のような自分の考え、意見に関する内容、アプリに関わる技術的でない内容(アプリのマーケティングなど)

githubでPR出す、star集める

進捗:少しだけ。 詳細:
github上でのOSS活動についての3ヶ月の実績は、以下の2つです。

  • GCDSwiftのCarthage対応(build schemeをsharedにしただけ)
  • NSPageControlのリリース

大規模なOSSについては、コードの読込やPR出したりできていないので、頑張ります。
NSPageControlを実際に作ってみて、OSS作成がそれほど難しくないことがわかったので、 使いまわせそうな部分はtry! Swiftでの @cockscombさんの発表見習って、どんどんOSS化していきます。

現時点では、fastlaneやQuick/Nimbleといった、品質の担保されたアプリをつつがなくリリースするための OSSに貢献していきたいと考えています。

新しいこと始める(AIかIoT、どっちか)

自社案件や常駐先の案件で、Bonjour、BLEなどIoT的なことをやらせてもらっています。
やってみた感じとしては、通信周り、特にRSSIなどが周囲の環境に如実に左右されるため、 デバッグが通常のアプリよりかなり大変、という印象です。 なので、正直個人でアプリのリリースまでは厳しいですね。

今度の展望

設計思想のキャッチアップ

今までもそうでしたが、どうしても短期的な費用対効果が見えやすい、個別の技術要素のキャッチアップに時間を費やしてしまいがちなので、 意識的に設計についてのキャッチアップに時間を割いていこうと考えています。

  • MVVM
  • Clean Archirecture
  • VIPER
  • DDD
  • UCDD
  • FRP

Swiftの言語仕様のキャッチアップ

SwiftのProtocol extensionやGenericなど言語仕様でちゃんと理解して利用できていないところが多いので、 そこの理解を深めることにも時間を割いていこうと考えています。
あとは、この手の話になるとhaskellが引き合いに出されることが多いので、そちらにも手を出してみようかなと。

LT・登壇を増やす

今年からブログを続けられるようになったので、アウトプットは徐々に増やせていますが、 LT・登壇の経験が皆無に等しいので、その辺りの経験も積んでいこうと考えています。

デザインの勉強

プライベートでアプリを作る際に、

  • デザイナーがいないのでUIが整えられない
  • お願いしていたデザイナーさんが本職の案件で炎上に巻き込まれてしまい、デザインが上がってこない

というところでプロジェクトが止まってしまい、精神衛生上良くないことが多かったので、アプリについては自分1人で開発からリリースまで できるようにしてしまうためにデザインの勉強も始めてしまおうと考えています。
デザイン初心者向けにオススメとかあれば教えて下さいm( )m