Googleテレワークラウンジ行ってきました。

昨日の発表から、ニュースになっていたので、Googleテレワークラウンジ行ってきました。

f:id:nerd0geek1:20171102090742j:plain f:id:nerd0geek1:20171102093742j:plain

japan.cnet.com

Googleテレワークラウンジとは?

11月は、テレワークの普及を官民連携で推進するテレワーク月間というものらしいです。
Googleはそれに合わせて働き方改革を支援する施策を実施しており、Googleテレワークラウンジは「Google テレワークトライアル」の一環として、 テレワークを実際に体験する機会の提供を目的として開設したもののようです。

www.womenwill.com

なんで行ったか?

行ってみたかった

以前、別の会社さんに常駐している時にこんなツイートしていました。

更に現在は自社プロジェクトの開発を行っているので、在宅勤務をやろうと思えばいつでもできる環境ではありました。
ただ、話題になっていたことや世間の温度感などが気になったこと、代表が二つ返事でOKしてくれたので来てみました。

嫁氏のため

自分は一般的に、「Web系」と呼ばれるような企業に勤めており、その中でプログラマーとして働いているので、

  • GitHub上のissue = ユニット・モジュール化された仕事の1単位
  • GitHub上にコミット = 単位化された仕事の消化

というように、仕事が計測しやすい形になっており、それゆえリモートワークもしやすいです。

その一方、嫁氏(非IT系、歴史長めの日系企業に勤務)は、「それ出社の必要ないだろ」という仕事を長い通勤時間をかけて出社して、対応しなければならなかったりします。

ただ、彼女の今の上司の方がそういう企業には珍しく「結果出してれば、出社しなくても良くない?」といった考えの 人だったので、そのトライアルをGoogleテレワークラウンジ使ってできそうか確認できるといいな、と思って来てみました。

行ってみて

満員電車辛い

行く前の話ですが、
09:30-10:00に電車に乗って出社する、という生活をここ1年やっていたので、
08:30-09:30の電車の混雑度はちょっと消耗するなー、という感覚です。

割と寒い

Googleテレワークラウンジに入ってすぐのスペースが、
カフェのような「モバイルワークゾーン」と呼ばれるスペースでしたが、
受付のドアが常時オープンされているので、割と寒い(特に足元)です。
なので、試そうと思っている方は防寒対策必要かなと思いました。

途中から、入り口から離れた「サテライトオフィス勤務ゾーン」と呼ばれるエリアに移動しましたが、 そこは入り口から離れているのもあり、少し寒さが和らいでいる、という感じでした。

※追記 途中から暖房を入れてくださったので、もしかしたらそこまで防寒対策いらないかもしれません。

サテライトオフィス勤務ゾーン、集中できる

f:id:nerd0geek1:20171102094235j:plain サテライトオフィス勤務ゾーンはこのように、壁で三方が区切られているので、入り口に背を向けると人が通路を通ってもそれが視界に入らず、割と集中できます。

会議室、MTGスペースは1時間 or 1時間半ごとの予約

  • 使わないので、詳細は忘れました。。。
  • 4-6名用のテーブルとカメラが用意されているので、Skype会議とかもできそうです。

終日いることもできなくはない。

企業がリモートワークの本導入前にトライアルで試すとなると、終日リモートで働いてみる必要があると思いますが、 その点について質問したところ、
Googleテレワークラウンジは、09:00-12:00、12:00-15:00、15:00-17:30の3つの時間に分けて解放しており、 各時間ごとに利用の登録をし直していただくことで終日の利用は一応は可能、とのお話でした。

Googleテレワークラウンジを利用して、生活への負荷が低い働き方を試してみてもいいかもしれません。